2018年04月22日

山中湖は、新緑のシーズンになりました。

富士眺望の南欧旅籠 山中湖オステリア イゾラーナ 富士山.jpg 
 4月も下旬となり、山中湖は新緑のシーズンとなりました。今年は全国的に季節の進行がとっても早いようですね。標高1000mの山中湖でも、初夏を思わせる陽気の日も増えてきました。 左の写真は、イゾラーナから見た富士山。冠雪の雪解けが進んでいるのがわかりますね。 この陽気で、イゾラーナの庭の植物達も、勢い良く成長しています。 既に、アセビやユキヤナギの花は既に満開で、カイドウも花が咲き始めました。 ライラックやジューンベリーの蕾も膨らんでいます。 クレマチス達もグングンとツルを伸ばしています。 カイドウ.jpg   野鳥達も恋のシーズンを迎えて、子育てが始まったようです。 季節の進みが例年に比べて10日以上早い、そんな印象です。 コチラの写真は、イゾラーナの玄関横のカイドウの花です。
 まもなく、富士の山肌には、「農鳥」と呼ばれる雪解け模様が現れて、「農作業開始の季節だよ。」と、教えてくれます。 5月中旬には、忍野地区で田植えの準備が始まり、田んぼに水が張られると、その水面に逆さ富士が映って見えるようになります。 そのころ山中湖では、湖畔のズミの大木が、愛らしい白い花を沢山咲かせます。このリンゴやナシに似た白いズミの花は、山中湖を代表する花の一つです。
 アネモネとオキナ草.jpg 新緑が風に揺れ、ハイキングやサイクリングが気持ちいい季節です。 初夏の山中湖へ旅をしませんか。富士眺望の宿イゾラーナが、季節の富士をご案内します。貸切露天風呂とお奨めワインで、ゆっくり過ごす大人の旅をどうぞ。 オリジナルHPから、メール予約もOK。皆様のご予約、心よりお待ちしております。 コチラの写真は、イゾラーナの庭に咲いた、アネモネ(ピンク)とオキナ草(赤)です。
posted by isolana at 22:23| 山梨 | Comment(0) | 季節の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント