2015年11月27日

富士山が冠雪を増して、冬の姿に! ダイヤモンド富士は花の都公園に進んでいます。

 
富士眺望の南欧旅籠 山中湖オステリア イゾラーナ 富士山.jpg 
 今年の秋は比較的暖かい日が多く、冬に向かう季節の進み具合が、とてもゆっくりに感じていましたが、ここ数日ようやく寒さがやってきて、富士山の冠雪も一気に増えました。ここまでしっかり冠雪すると、いよいよ冬がやってきた、という雰囲気になります。気温も湿度も低い冬は、空気が澄み渡り、富士山がクッキリ大きく見える季節です。まずは早朝、朝日を浴びて冠雪が紅色に染まる紅富士。1月と12月は日の出の時間が1年で最も遅くなる時期ですので、さほど早起きをしなくても、紅富士を見ることができます。そして、月の出る夜には、月明かりに浮かぶ夜の月光富士。暗さに目を慣らせば、不思議なほど明るい、幻想的な夜の富士山が楽しめます。夜空にはオリオンやシリウスなどの美しい冬の星々が輝いて、とても豪華ですよ。
 そして山中湖は今、ダイヤモンド富士のシーズン真っ只中。中央ダイヤのポイントは、花の都公園まで進んでいます。今は1年で最も日の入りが早い季節なので、ダイヤの時刻は15時半頃まで早くなっています。ダイヤのポイントでは、連日多くのお客様達がカメラを構えて、感動のシーンを楽しんでいらっしゃいます。その花の都公園では、冬のイルミネーション祭りも開催中ですよ。
 冬の山中湖、富士山の美しさが、たっぷり感じられ、これぞ世界遺産!、と思える季節です。見どころ豊富な冬の山中湖をゆっくり旅してみませんか。貸切露天風呂と富士眺望の宿イゾラーナで、冬の景色を楽しむ大人の旅はいかがでしょう。山梨の新酒、ヌーボーワインも入荷して大好評。冬のご予約受付中。皆様のご予約お待ちしております。オリジナルHPから、メール予約もOKです。
posted by isolana at 22:09| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パール富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック