2020年04月18日

山中湖には、今年も変わらず、春が来ています。

富士眺望の南欧旅籠 山中湖オステリア イゾラーナ 富士山.jpg 
 4月中旬、標高1000mの山中湖にも、春がやってきました。この地域特有の桜「ふじざくら」も見頃となり、イゾラーナの庭でも、様々な初の花が咲き始めています。野鳥達も繁殖のシーズンを迎えて、活発に活動している姿が見られます。
 写真は、イゾラーナから見た富士山。今が最も冠雪が多い季節ですが、この先少しづつ雪解けが進んで、5月になると山肌に雪解け模様(雪形)が見られるようになります。もっとも有名な雪形は、「農鳥」と呼ばれ、富士の山肌に、鳥が飛ぶ姿の雪形が見られると、本格的な農作業が始まります。お隣の忍野村の田んぼは、5月の後半が田植えのシーズン。まさに「農鳥」を見ながらの農作業となりますね。田んぼに水が張られると、その水面に富士山が映り、田んぼに映る逆さ富士が見られるシーズンとなります。
ふじざくら.jpg  右の写真は、イゾラーナの庭に咲いたふじざくら。下を向いて咲く可憐な桜です。 今年の春は、残念ながら「桜」に関するイベントは全て中止となってしまいました。日本中が、世界中が、厳しく苦しい時期です。今は我慢するしかありません。来年も桜は咲きますし、富士山は変わらず、美しい姿をしています。イゾラーナでも庭の手入れをしながら、この嵐が過ぎるのを待つしかありませんね。
 下の写真は、イゾラーナの庭に咲いた、カタクリとクリスマスローズの花。冬を越えた宿根草の新芽も元気に芽吹いています。 一日でも早く、世界が元気を取り戻せますように! 今年は「アマビエ」の雪形を探してみようかな。 富士山だけでなく、日本中の山が雪解けを迎えます。どこかの山に「アマビエ」の雪形、現れてくれませんか! お願いします。
 富士眺望の宿イゾラーナは、今後とも、季節の富士山をご案内します。オリジナルHPも、ぜひご覧ください。
カタクリ.jpgクリスマスローズ.jpg
posted by isolana at 10:51| 山梨 ☁| Comment(0) | 季節の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする