2017年06月21日

梅雨の晴れ間の富士山

富士眺望の南欧旅籠 山中湖オステリア イゾラーナ 富士山.jpg 
 6月も後半となり、富士山の冠雪も少なくなってきました。まもなく赤茶けた火山灰の地肌を見せる夏の姿となります。7月は富士山も山開きとなり、富士山の山肌には登山者の灯りの列が見られるようになります。イゾラーナから見られる夜の富士山にも、吉田河口湖口や須走口やから山頂を目指す灯りが、はっきりと見られるようになります。本格的な夏も、もう間もなくですね。 イゾラーナの庭でも、夏の花が次々と咲いてきました。花々の間を蝶々が舞い飛んでいます。ウグイスの声が涼しげに響いています。下の写真は、庭で咲き始めたクレマチスの花と、実りが近づいたブルーベリーの実です。庭には多種多様なクレマチスがあり、他にも蝶を呼ぶ花と呼ばれるブッドレアやエキナセアなど多くの花々が夏の庭を飾ります。ブルーベリーの摘み食いもお楽しみいただけますので、ぜひお楽しみください。
クレマチス.jpgブルーベリー.jpg 

 山中湖は標高1000mの避暑地、暑い日でも夜になると20℃を下回り、熱帯夜になることはありません。 暑い夏は、涼しい山中湖で脱日常する大人の旅はいかがでしょう。ハイキングやサイクリングにも気持ちいい季節です。富士眺望の南欧旅籠イゾラーナが、初夏の富士山と山中湖をご案内します。夏のご予約受付中。オリジナルHPから、メール予約もOKです。 皆様のご予約、心よりお待ちしております。
posted by isolana at 20:54| 山梨 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イゾラーナから見られる富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする