2017年01月17日

庭を訪れるリスと、道祖神祭りの飾り

富士眺望の南欧旅籠 山中湖オステリア イゾラーナ イゾラーナから富士山.jpg 
 先週は全国的に寒い日が続いていましたね。山中湖でもこの冬一番の冷え込みとなり、真冬日が三日間続いて、最低気温は-16℃まで下がりました。お正月が暖かかったこともあり、ようやく冬の冷え込みが来たな、という感じです。一月後半は、一年で最も寒い時期です。気温が低く、空気がキリリと引き締まって、空は青く澄み渡り、白い富士山とのコントラストが見事な季節です。月の大きな夜には、幻想的な夜の富士山「月光富士」もお勧めですよ。
 道祖神祭りの飾り.jpg  
 山中湖周辺では今、道祖神祭りの飾り立っています。左側の写真が山中湖長池地区の飾り。右側は、忍野内野地区の飾りです。地区によって少しづつ飾りの雰囲気が違っていますが、風にたなびいて、富士山と共に独特の雰囲気が感じられます。この飾りが立つと、いよいよお正月気分もぬけて、本格的に一年が始まったな、と感じられるお祭りです。
 イゾラーナの庭には、カケスやヤマガラ、ツグミなどの野鳥達が頻繁に訪れて、愛らしい姿を見せてくれています。最近は、リスも頻繁に姿を見せてくれます。両手を使って器用にヒマワリの種などを食べている姿は、とても可愛らしくお客様の目を楽しませてくれています。
リス3.jpgリス1.jpg 
 富士山頂に沈む太陽「ダイヤモンド富士」もいよいよシーズン後半です。中央ダイヤの位置は山中湖北岸を西に進んでおり、これから2月後半まではベストシーズンです。2月11日,18日には、湖畔でアイスキャンドルが点火されますよ。
 さあ、冬の山中湖へ旅をしませんか、富士眺望の宿イゾラーナが、冬の富士山をご案内します。宵の明星と富士山がとて見綺麗に見られますよ。 皆様のご予約、心よりお待ちしております。オリジナルHPから、メール予約もOKです。
posted by isolana at 12:09| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イゾラーナから見られる富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

月と金星の接近、富士山と共に

富士眺望の南欧旅籠 山中湖オステリア イゾラーナ 月と金星の接接近 
冬は日没が早いので、宵の明星(金星)が綺麗に輝いて見えるチャンスです。金星は年末からグングンと高度を上げて、一際明るく富士山の左上輝いています。今日は、その宵の明星に月が接近して、三日月より少しだけ大きくなった月と金星が並んで、富士山の左上に輝いて見えました。(上の写真は富士山と月と金星。下の写真は同じ写真の月と金星です)
 月と金星の接近拡大.jpg  冬は空が澄んでいるので、オリオン座やスバル、シリウスなどの豪華な冬の星々と、夜の幻想的な富士山がお勧めです。しっかり防寒して外に出て、夜空を眺めてみてください。美しい星空はもちろん、夜行性の動物たちに出会えるかもしれません。
 宵の明星はひとまず3月上旬までが見頃です。富士眺望の宿イゾラーナが、冬の富士山をご案内します。ご予約受付中! 皆様のご予約、心よりお待ちしております。オリジナルHPから、メール予約もOKです。
posted by isolana at 22:03| 山梨 | Comment(0) | TrackBack(0) | イゾラーナから見られる富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

あけましておめでとうございます!

富士眺望の南欧旅籠 山中湖オステリア イゾラーナ 元旦の紅富士.jpg 
 あけましておめでとうございます。全国的に穏やかな新年となりました。写真は、今朝、イゾラーナから見られた富士山です。朝日を浴びて富士山の冠雪が紅色に見えて、新年を祝ってくれています。 最低気温こそ平年並みに冷えましたが、昼間は気温が上がって過ごしやすいお正月です。富士山頂に太陽がむダイヤモンド富士も、いよいよシーズン後半です。山頂ダイヤのポイントは、現在は花の都公園ですが、1月中旬には山中湖畔に戻ってきます。その後湖畔を東に進むので、湖面に反射して逆さダイヤモンド富士が見られるチャンスとなります。夜明けの紅富士と夕方のダイヤモンド富士。冬の山中湖は富士山の見所が豊富です。
 冬のイゾラーナの庭には、多くの野鳥達や、リスなどの動物たちが訪れて、かわいらしい姿を見せてくれています。貸切露天風呂から富士を眺め、ゆっくり過ごす大人の旅はいかがですか。富士眺望の宿イゾラーナが、冬の富士山をご案内します。ご予約受付中! 皆様のご予約、心よりお待ちしております。オリジナルHPから、メール予約もOKです。
posted by isolana at 23:46| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 紅富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする