2015年04月27日

富士の雪解けが進んで、山中湖も新緑の芽吹きが始まりました。

富士眺望の南欧旅籠 山中湖オステリア イゾラーナ 富士山.jpg 
 この写真は、今朝イゾラーナから見られた富士山です。普段は山中湖の湖面も見えますが、今朝は温度差の関係で山中湖が霧に包まれていました。春は時折見られる湖の霧、富士山が霧に浮いているように見えます。
 イゾラーナの周辺の木々が、次々と新芽を伸ばし始めました。山中湖にも新緑の季節の到来です。とても過ごしやすいこの季節、新緑を眺めながら湖畔のサイクリングや、ハイキングにも最適ですよ。 そしてこの時期、新緑と共にお勧めなのが、森の植物達です。
 エンレイソウ.jpg  この写真は、エンレイソウです。特徴的な大きな葉3枚の真ん中に、かわいい小さな白い花。花色が薄紫色の種類もあり、山中湖周辺の森には普通に自生しています。エンレイソウ他にも、ユキザサ、チゴユリ、マムシグサ、アマドコロ、ギンランなど、個性的でかわいらしい森の植物達が多く楽しめます。イゾラーナの庭でも、森の植物達や、ズズラン、キスゲ、カライトソウなど、様々な植物がが勢いよく成長していますよ。
 農鳥.jpg  富士山では、雪解けがグンと進んで、山肌には鳥の形の雪解け模様(「農鳥」の雪形)が出現しています(下の写真、オレンジ色の丸印の中)。農開始の合図といわれる農鳥の雪形。その形や出現時期により、豊作か凶作かを占ったとも言われています、年により、鳩に見えたり、鳳凰に見えたり、アヒルに見えたりするのですが、今年の農鳥、形が今一つハッキリしませんね。
 桜前線は富士山麓をさらに上り、中の茶屋の「ふじさくら大群落(さくら回廊)」が満開となっています。約2万本の桜大群落、下を向いて咲く可憐なふじざくらは、芽吹き前の落葉松林の中に雛霰を散らしたように見えます。イゾラーナから中の茶屋までは約30分の距離。「ふじざくら祭り」も開催中(5月6日まで)ですよ。
 そしてもうひとつ、本栖湖の向こうにある竜神池では、「芝桜祭り」が開催中。こちらも、かなり咲き揃ってきたようですよ。
 さあ、新緑の季節を迎えた山中湖へ! 貸切露天風呂と富士眺望の宿イゾラーナで、ゆっくり過ごす大人の旅はいかがでしょう。初夏のご予約受付中。皆様のご予約お待ちしております。オリジナルHPから、メール予約もOKです。 
posted by isolana at 21:03| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする